100

100Blige.com

メアリー・J.ブライジの楽曲とアルバムを紹介。

メアリー・J. ブライジ(Mary Jane Blige、1971年1月11日 – )は、アメリカ合衆国の女性R&B歌手。クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルと称される。

 ・ Spotify : メアリー・J.ブライジ / Mary J. Blige

ショーン・パフィ・コムズ(現ディディ)のサポートで、1992年のデビュー・アルバム『ホワッツ・ザ・411?』をリリース。同アルバムからの1作目のシングル「リアル・ラヴ」は、「トップ・ビリン」をサンプリングしたもので、全米ナンバー1を記録する大ヒットとなる。その後も「レミニス」、「ラヴ・ノー・リミット」と立て続けにヒットを飛ばし、アルバムは見事にダブル・プラチナを獲得。

1994年には2作目のスタジオ・アルバム『マイ・ライフ』を発表。アレサ・フランクリンと比較されるほどの存在感を放ち、このアルバムもプラチナムを記録した。

1997年、プロデューサー陣にベイビーフェイス、ジャム&ルイス、R・ケリー、エムトゥーメ、ロドニー・ジャーキンスといったそうそうたる面々を迎えた、3作目のスタジオ・アルバム『シェア・マイ・ワールド』をリリース。ジョージ・ベンソンが客演した「セヴン・デイズ」、R・ケリーとのデュエット「イッツ・オン」、映画『ため息つかせて』の挿入歌になった「ノット・ゴナ・クライ」などが収録されている。日本盤のボーナス・トラック「ナチュラル・ウーマン」は、「クイーン・オブ・ソウル」と称されたアレサ・フランクリンが1967年にヒットさせた曲のカヴァー。アルバムはアメリカ国内だけで300万枚を超えるセールスを記録、最大のヒットアルバムとなった。